Hatena::Groupgeneration1991

toguo::blog::Generation1991 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-21

g91について最近思う事

01:47 | g91について最近思う事 - toguo::blog::Generation1991 を含むブックマーク はてなブックマーク - g91について最近思う事 - toguo::blog::Generation1991 g91について最近思う事 - toguo::blog::Generation1991 のブックマークコメント

下のエントリーを見て、僕も最近のg91について思う事があったので書いてみる事にします。

ちょっと人生の先輩面して書く部分についてはご容赦ください。

なんのためにあるのかな?g91って91世代によるtwitterサークルなの?

言いたいこと色々あったけどめんどくなった。

結局g91って - ISHIKAWA PHARMACY - キューイチ世代

複数の人と人が繋がると、そこにコミュニティーが出来て、内輪化しちゃうのは仕方無いと思う。

そのような場合自分は2つの選択肢があると思う

* 一つは避ける

* 一つは理解する

この2つを使い分けて、良い距離感を保てばいいさ。

近づきたい人はベッタリ内輪ネタを連発すればいい。

まとまり無くて、ごめんなさい。ただ、最近の「g91って・・・」みたいな記事見てて、色々思ったから。

異論・反論待ってます。

それが良いg91を作るヒントになれば嬉しいです。

g91に入った理由 - Pastalablog @ g91 - キューイチ世代

本当にクネクネするために参加したのですか?

g91のトップに

開発者志望でも、作曲家志望でも、芸術家志望でも、何かを生み出したい人は頭まで「ゆとって」ない!

大人にゆとりゆとり言われても挫けるな!

とあります。

皆さんのブログを拝見していますが、殆どの皆さんはここで何かやってみたいと思っているという表明を当初されていました。

でも最近のg91界隈の動きを見ていると、上に書いてあるような印象を正直僕も持っていました。

「何かやってみたい」という共感できる考えを持った皆さんが集まった訳ですが、それが仲間意識の悪い部分が出てくるにきっかけになって「なあなあ」になっているのではないでしょうか。

もしかしたら皆さんの中に「周りにいるクネクネしているやつらとは自分は違う」と思っていて、でg91に参加した人もいるかもしれませんが、結局その人達と同じようになっていたりしていませんか?

僕は、このようなグループ仲良し倶楽部ではなくチームであるべきだと考えます。

内輪向けという点に関しては、共感した仲間には必要な事で否定はする必要は僕も無いと思います。ただクネクネするのは勿体ないのではないでしょうか。

忙しいはこの先もずっと続きます

エントリーを見ると「学校の授業が忙しい」「就職活動が大変」「受験が‥‥」等皆さん様々な事を抱えていると思います。

でも本当にやりたい事であれば、是非大変な中でも時間を確保する努力をしてみてください。

きっとじっとしているよりはやりたい事をちょっとでもやれた事のほうがストレス解消にもなるし、やりたくない事や大変な事に対して前向きになれると思います。

あと忙しいというのは社会に出ても続きます。仕事でも生活でも立場が変わっても状況は変わらないと思います。

  • 新人であれば仕事を覚えるため
  • 仕事で失敗したら尻拭いのため
  • 仲間の失敗に付き合う
  • 生活のため
    • 結婚して家族が増えればより一層意味合いが強くなります
  • 夢の実現のため
    • お金が必要であれば出世とかするためにやる事だってあります
  • 家族・友人・愛する異性のため
    • 大事な人だからこそ世話をするようになりますし、大人になったときの問題は時間もお金も浪費します

学生から社会人を経験している人間として経験を振り返ると、なんだかんだ学生時代のほうが余裕があったと思います。

生活や目標を自分の力で維持するために費やす時間の量が圧倒的に違います。

僕は運良く仕事とプライベートでやりたい事が一致しているので苦労していない部分がありますが、仕事とプライベートでやりたい事が一致していない人の場合は、「自分がやりたい事」へ費やせる時間が学生時代より圧倒的に減ると思います。

なので、忙しい中でも出来るだけ「本当にやるべき事」「本当にやりたかった事」を思い出して、ちょっと勇気を出して行動してみるのはどうでしょうか。

最後に

本当に偉そうな事を書いてしまったなあと思います。不快になった方がいるようでしたら申し訳ないです。

僕は今31のおじさんですが、皆さんの世代と本気で「何かをやりたい」「刺激を受けたい」「自分が出来る事をサポートしたい」と思って参加しました。

でも今は実行したくても、主役になる91世代の皆さんが思ったより活発に活動していないのがとても残念です。

これを読んで、共感でもむかついたでも、なんらかの刺激になって次のアクションを起こすきっかけになれば幸いです。

gaigailungaigailun2011/02/24 19:52http://zh.netlog.com/gjyyzz/blog
http://blog.goo.ne.jp/gaigailun
    建议日本成为国际语言组织创始国
    国际语言组织创始人致信日本领导人
尊敬的日本首相:
  我发起创立‘国际语言组织’,我呼吁世界上出现一个国家提供住所给国际语言组织,成为国际语言组织创始国。如果日本率先宣布提供住所给国际语言组织,那么,日本就是‘国际语言组织’的创始国。   
  在直观上看,‘国际语言组织’只是一个大楼,有了这个大楼就创立成功了。日本提供这个大楼给‘国际语言组织’不会花很多的钱,但是,这是给人类语言进步做出的巨大贡献,全人类的语言将会因此发展到高级阶段。同时,日本成为创始国能够得到很多好处,1,将会在世界上获得崇高的荣誉;2,日本将会在国际事务中占有重要的地位;3,增加国际交往和友谊;4,日本将会成为全世界的语言圣地;5,人类历史将会记载日本和日本领导人的伟大功绩。
  日本想成为联合国常任理事国,花了无数的钱,也没有实现。如果日本想成为国际语言组织的创始国,那只要在全世界率先的接受我的建议就可以了,无需考虑其他国家的意见。日本是世界经济大国,可是没有一个全球性国际组织设立在日本,这与日本的大国地位不相符。
  请看后面的附页,‘国际语言组织’创始人的呼吁(中文)
  我的博客,http://zh.netlog.com/gjyyzz/blog
    http://blog.goo.ne.jp/gaigailun
谢谢!
最好的祝福!
国际语言组织创始人 gaigailun

附页:
   国际语言组织创始人的呼吁

  为了推动人类语言的进步,我创立了“国际语言组织”(International Language Organization )。我呼吁,全世界出现一个国家,提供住所给“国际语言组织”,成为‘国际语言组织’创始国。创始国家必须给‘国际语言组织’的待遇,1,提供住所。2,提供必要的便利和帮助。3,提供外交待遇。
  创始国提供住所的同时,将会得到很多好处,1,创始国在世界上将会获得崇高的荣誉,全人类的历史将会记载创始国和创始国的领导人的功绩。2,创始国将会成为全世界的语言圣地。全世界通用的高级语言,将会在创始国诞生,然后,传播给全世界,创始国将会获得语言的优势。3,创始国与全世界的交往和友谊将会极大的增加。
  相对于科技和经济的发展,全人类的语言的发展是落后的,当今人类的各种语言本质上仍然是远古语言的延续。国际语言组织将会推动人类语言发展到高级阶段,人类将会得到很多好处,1,人类的知识体系将会十分合理,人类掌握知识将会十分的容易。2,人类的大脑思维将会十分发达,认识能力将会极大的提高,发现更多的宇宙奥秘。3,全人类都掌握了高级语言,国际交往的语言不通问题就会自然的得到解决,只有高级语言才最适合成为世界通用语言。各国人都懂得两种语言,都是“双语人”,一是自己的母语,一是高级语言。在各国的内部的人们之间使用母语会话,在各国之间使用高级语言会话。高级语言和各种自然语言并存,高级语言是人类语言发展水平的代表。高级语言还将会在科学、知识、文化等领域给人类带来巨大的好处。
  语言是人类本质的体现,由于语言的巨大进步,人类将会进化到高级阶段。这个进步的程度是全世界都想象不到的,就像古代人,以马车为交通工具,无法知道飞机和宇宙飞船什么样。
  高级语言不会自然的产生,也非一人之力所能为之,非一国之力所能为之,要由全世界的语言学者,创立最科学的语言理论,借鉴各种语言的优缺点才能创造出来,这是全人类的庞大的系统工程,只有国际语言组织能够承担起来这个工程。要想成立国际语言组织,需要世界上出现一个国家成为创始国,给国际语言组织提供住所和外交待遇,就像美国给联合国提供住所那样。
  下面介绍,我设想的国际语言组织的基本情况:
  1,国际语言组织的宗旨:促进全世界的语言科学的发展;促进全人类的语言的进步。
  2,国际语言组织的主要任务:a,汇集每个国家的力量,汇集全世界的语言学者,开展语言研究;b,创立最科学的语言理论;c,解决语言制约人类进化问题,推动人类语言发展到高级阶段;d,解决国际交往语言不通问题。
  3,国际语言组织的组织方式:实行国家会员制,只有国家才能成为会员,叫做会员国。邀请全世界的每一个语言学者、语言团体,参加语言研究。
  4,国际语言组织的机构:主要包括,会员国大会;理事会;常务理事会;主席;秘书处;学术研究部门。
  5,国际语言组织的主要特征:在国家之间建立的组织,以会员国的力量进行维护的组织,供全世界参与的组织,专门从事推动语言进步的活动,不从事其他的活动。
  6,国际语言组织的地位:它的地位是会员国之间约定的,不是在任何国家的内部注册确定。它的地位决定了它的活动是国际性的、世界性的,不属于任何国家的内政管辖。国际语言组织与任何国家的关系都是外交关系。国际语言组织的创建是基于创始人的想法,不是基于创始国的法律。创始国接受创始人的请求,提供住所给国际语言组织,这是为全人类语言进步作出的贡献。
  7,国际语言组织的住所:它的地位决定了它的住所是国际性的,不能由个人或团体提供,只能由一个主权国家提供,就像美国提供住所给联合国那样。
  8,国际语言组织的经费:会员国承担经费,在成立之初主要由创始国提供。
  下面介绍,我创立国际语言组织的程序:
  1,在发起创立的时候,在没有住所,没有会员国的情况下,我向全世界宣布:国际语言组织成立了,然后,我向全世界寻求住所。我呼吁,全世界出现一个国家提供住所给国际语言组织。这是创立国际语言组织的最快的和最方便的方式。
  为了国际语言组织最快的拥有住所,为了每个国家的平等,我规定,任何国家可以抢先宣布成为创始国,在宣布成为创始国之前,可以不联系我,可以在宣布之后联系我,签署法律文件,获得委托书。我做最大的努力,把这个信息发送给更多的国家,发到世界各地的网站上,争取发到各国领导人的邮箱里。全世界的任何人可以帮助我传递这个消息。
  2,获得住所后,邀请全世界的国家加入国际语言组织,成为会员国。
  3,在第一届会员国大会召开前,国际语言组织由我领导,主要从事的活动:A,寻求住所;B,获得住所后,组建机构,聘任工作人员;C,邀请各国加入国际语言组织,成为会员国;D,邀请全世界的语言学者和语言团体,参与国际语言组织的研究活动。
  4,当会员国的数量达到50个,召开第一届会员国大会。在大会上制定《国际语言组织章程》和选举主席。大会闭幕后,主席按照《章程》领导国际语言组织。每届主席的任期三年,最多可以连任一届。
  我发起创立国际语言组织,需要大家的帮助,为了争取帮助,规定下面的鼓励办法:
  1,给我提供重大帮助的人,将会成为“国际语言组织的终身名誉主席”。a,任何人可以帮助我联系任何国家的领导人,把我创立的消息传递给任何国家的领导人,联系人就可以成为终身名誉主席。b,任何人可以帮助我联系世界各地的任何新闻媒体,任何新闻媒体报道了我的创立消息,联系人就可以成为终身名誉主席,做出突出贡献的记者、编辑、主管也可以成为终身名誉主席。c,帮助我建立国际语言组织网站的赞助人,可以成为终身名誉主席。d,在其他的方面做出重大的贡献也可以成为终身名誉主席,例如,资助我,传播我的信息,等等。
  2,给我提供一般帮助的人,将会成为“国际语言组织创始人的友人”。

国际语言组织创始人 GaiGaiLun

2009-04-08

19に経験した事は確かに今に繋がっている

12:11 | 19に経験した事は確かに今に繋がっている - toguo::blog::Generation1991 を含むブックマーク はてなブックマーク - 19に経験した事は確かに今に繋がっている - toguo::blog::Generation1991 19に経験した事は確かに今に繋がっている - toguo::blog::Generation1991 のブックマークコメント

ネットの未来について見解を語り合う中、各国間の技術的差異が小さくなりつつあるグローバル市場で、日本の優位性はどこにあるのかという話題に及んだ。楠氏と猪子氏がともに力説した「技術面での差はなくなるが、日本という豊かな国に育った経験がカギになる」という話には、会場も深く聞き入っていた。

森氏は大喜利で「19までにはすませておけ」と回答して会場の笑いを誘ったが、そこにも同様の意味がある。「ビル・ゲイツがBASICを開発したのは19歳。Mosaicを作ったマーク・アンドリーセンも19歳、マイケル・デルがビジネスモデルを作ったのは19歳、Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグも19歳。19歳は非常に重要な年。19歳までに一旗揚げるきっかけを作っておくことは重要かもしれない」(森氏)。19歳で開発に至るまでに"感じてきたもの"は、すべての国で得られるものではない。猪子氏は、「iPod」がアメリカで生まれ、インドでは生まれなかった背景などにも触れ、大事なものは「文化のような論理化できない経験の積み重ね」と説明した。

【レポート】技術的優位性がなくなったとき、日本はどうする? - gooラボ ネットの未来カンファレンス | ネット | マイコミジャーナル

僕は19歳の時に専門学校で学んだ事が、今の会社にバイトで入るきっかけになり、さらにはインターネットでWebサイトを作る仕事に全て繋がっていった。

学んだ事もその時は気がつかなかったけど、全てインターネットの仕事に役立っている。

2009-02-22

今週はテイ・トウワ週間だったので思った事を書いてみる

16:36 | 今週はテイ・トウワ週間だったので思った事を書いてみる - toguo::blog::Generation1991 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今週はテイ・トウワ週間だったので思った事を書いてみる - toguo::blog::Generation1991 今週はテイ・トウワ週間だったので思った事を書いてみる - toguo::blog::Generation1991 のブックマークコメント

g91には音楽をやっている人もいるようなので、ダイアリーに書いたエントリーをこっちにもコピペしておきます。

DTMクラスタ

への挨拶もかねて

テイ・トウワの最新アルバム「BIG FUN」が発売され、もちろん真っ先に購入しここ一週間は通勤時間はテイ・トウワ三昧で過ごしています。

彼はアルバムを発表すると、発売した月のサウンド&レコーディングマガジンでインタビューを受けるのが慣例になっているので、こちらも確実にゲットしました。

f:id:toguo:20090222153050j:image

毎回ソロアルバムが出るたびにインタビューを読みながら聴くというの通過儀式なっているんですが、何度やってもこの時間は至福の時間です。

今までのサンレコも読み直してみた。

今回は今までのインタビュー記事にも改めて目を通してみました。

f:id:toguo:20090222153051j:image

どの表紙もかっちょいいです。

それにしてもどのアルバムを聴いても、古臭さを感じさせないサウンドデザインに毎度感服します。

最初のソロアルバムを出したのが1994年で、その時はMac(まだ68k)にVision(今亡きシーケンスソフト)と、AKAIのサンプラーとローファイサンプラーの名機E-mu SP-1200を核にしていたシステムが、その後核となるサンプラーが変わりつつ、今回のアルバムではMacBook Proを中心にしたシステムになっているのに時代を感じました。

サンプラーはPCベースのDAWソフトとハードの性能向上に伴い、結構な人がハードウェアのサンプラーをやめて、ソフトサンプラーやDAWソフトを使うようになったのに、テイ・トウワの凄いところは、未だにアナログレコードからサンプラーにサンプリングして、その後打ち込みをしてからパソコンに取り込みエディットするという作法については、昔から変えていないところです。

これは作曲家がまずベースを作るのに必ずピアノを使うように、テイ・トウワにとって必要な作業なんだと思います。

僕はお金も心意気もなかったし、そもそもここ数年はネットの仕事をするようになってネットが楽しくて音楽を作っていないのですが、作る場合のシステムは結局エイブルトンLiveを中心にした形になってきています。

でもハードウェアを使う楽しさや音の良さというのは理解しているつもりなので、KORGのES-1というチープなサンプラーは手元に置いてはいます。

今はサイト作りの事をやっているけど、落ち着いてきたら音遊びも楽しんでみようとテイさんの音楽を聴いて思いました。

テイ・トウワを知らない人に

テイ・トウワを知らない方はここら辺をまず聞いてみましょう。普通にTSUTAYAで借りれるので良かったら借りて聴いてみてください。

最新アルバム「BIG FUN」に入っている曲 MindWall

おなじく「BIG FUN」に入っている曲 A.O.R. feat. Lina Ohta

これは携帯のCMでも流れてましたね。


最初のソロアルバム「Future Listening!」に入っている名曲 Technova (La em Copacabana)

ソロ第二弾「SOUND MUSEUM」に入っている曲

Happy

そしてGBI GBIはGerman Bold Italicの略で、後に発売されたリミックスアルバムでGerman Bold Italicフォントが入っていたりしました。

他にもいっぱい良い曲があるので興味がある方は是非聴いてみてください。

2009-02-17

はじめましてのエントリーについたはてなスター

19:32 | はじめましてのエントリーについたはてなスター - toguo::blog::Generation1991 を含むブックマーク はてなブックマーク - はじめましてのエントリーについたはてなスター - toguo::blog::Generation1991 はじめましてのエントリーについたはてなスター - toguo::blog::Generation1991 のブックマークコメント

はじめましてtoguoと申します - toguo::blog::Generation1991 - キューイチ世代

このエントリーについたはてなスターで「彼女」というのがあったけど、正確には奥様です。

結婚2年目で付き合ってからは10年くらいになるのかな。

どうも結婚してからも「奥様」とか「女房」とかいう言葉を使いたくないんです。なんか自分が偉そうな印象になる言葉だと思っているから。

まあ世の中からすれば、結婚して落ち着いた生活みたいに思うかもしれませんが、僕も彼女も変わっているので(そこらへんはid:y-shiftもはてワで体験しているはず)、あんまり大人と思わずにg91の皆さんには接してもらえると嬉しいです。

鬼ごっこ2.0について

19:26 | 鬼ごっこ2.0について - toguo::blog::Generation1991 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鬼ごっこ2.0について - toguo::blog::Generation1991 鬼ごっこ2.0について - toguo::blog::Generation1991 のブックマークコメント

id:y-shiftから鬼ごっこ2.0について聞いて凄く興味があって、参加しようと思いまずは情報収集をと思っていろいろ見ているけど、全然おいついていない。

早く参加メンバーと同じ基準まで情報を集めて議論に参加出来るようにならなくちゃ。

2009-02-11

はじめましてtoguoと申します

22:37 | はじめましてtoguoと申します - toguo::blog::Generation1991 を含むブックマーク はてなブックマーク - はじめましてtoguoと申します - toguo::blog::Generation1991 はじめましてtoguoと申します - toguo::blog::Generation1991 のブックマークコメント

id:y-shiftの紹介で、こグループに参加させていただくことになりました、toguoと申します。

なぜこのグループに参加したいと思ったのかは、自分のブログに今年の抱負として書いたエントリーにまとめたので、その文章をこのブログにも掲載させていただきます。

ここから

自分より若い人との交流を出来るだけ増やす、自分より上の世代との交流を出来るだけ増やさない

これが今年一番の目標だ。

ここ数年彼女にも話していたことがあって、それは同世代・同性の話が聞いていてつまらなくなってきていたということがあった。

特に愚痴っぽくなり守りに入った発言が多くなる。それは結婚や地位が上がったり家族が増えれば当然なのかもしれないが、僕はそういう会話に参加する度に思ったのが、むしろそういった考え方で行動する方が、これからの時代はむしろリスクが大きいのではないだろうか?

id:umedamochioさんの「ウェブ進化論」228ページにこのような記述がある。

2001年9月11日の同時多発テロの衝撃から数ヶ月後、私は「9月11日という日が自分の前半生と後半生を分ける分岐点になるに違いない」と予感した。

大きな環境変化が起きたときに、真っ先に自分が変化しなければ淘汰される」という「シリコンバレーの掟」に、私は知らず知らずのうちに強く影響されていたのだろう。

でも、「前半生と後半生の区切りだ」くらいの構えで新しい自分を構築していく決意を持った方が、これまでの生き方に固執するよりも「リスクが小さい」と、私は強く確信していた。

そしてこう考えた梅田さんの具体的な行動として、「自分より年上の人と過ごす時間をできるだけ減らし、自分より年下の人、それも1970年以降に生まれた若いひとたちと過ごす時間を積極的に作ることで次代の萌芽を考えていきたい」と書かれていて、この部分に僕は強く共感を覚えた。

そして、僕も新しい刺激や僕より若い世代の方の考え方から、自分をもっともっと変えるきっかけを見つけてみたいと考えた。

そして僕が若い世代の方の活動に参加することで、「若い世代の方のバックアップや彼らにも影響を与えることは出来ないだろうか?」を、貢献出来なくても貢献出来る何かは無いか?を常に考えて行動してみたいと考えている。

キューイチ世代

一応この目標についての行動は開始し始めた。

はてなワールドで知り合ったid:y-shiftの紹介で、はてなグループにある「キューイチ世代」というグループに参加させていただくことになった。

screenshot

彼らの考え方や行動の仕方はまさしくデジタルネイティブで、グループ内を見る度に驚かされることがあった。

まだid:y-shift以外の方と交流は無いが、少しずつ交流を深め若い皆さんと一緒に素晴らしい経験が出来れば嬉しいと思う。